• ホーム
  • 株は生活に余裕があるときに開始すべし

株は生活に余裕があるときに開始すべし

握手している男性たち

新しいことを始めたばかりのころは、自分の経験の無さから慎重になる人が多いと言われています。
最初は慎重に行っていた人でも、ある程度経験を積んでくると、初心者のころの気持ちを忘れることも珍しくないです。
初心者のころは新しく始めたことに慣れていないことを知っているため、あまり無謀なことをすることは無いでしょう。

しかし、少し結果を出せるようになると、だんだんと自分の能力を過信する人が出てくるかもしれません。
実力が伴っていればいいのですが、殆どの場合は勘違いであることが多いため、痛い目に遭うことが少なくないです。
新しいことを初めてある程度経験を積んでも、常に初心者のような慎重さを忘れないでください。
普段なら簡単にできることでも、精神的に不安定になるとできなくなることが珍しくないです。

特に株のようにお金が関係してくるものの場合、一度出た損を取り戻そうと無謀になる傾向があります。
損が出たら悔しいですが、マイナスが出てもすぐに取り戻そうとしないようにした方が結果的に良いことが多いでしょう。
今まで以上にプラスを出そうとして生活費や全財産で取引すると、正常な判断が難しくなり取引結果も悪くなりやすいです。
このようなことになら無いように、株は生活に余裕があるときにしてください。
生活に余裕があるときの方が、精神的にも安定しているため、普段よりも好ましい結果が出やすいかもしれません。

株初心者のころは慎重だった人でも、取引を続けるにつれ無謀な取引をする可能性もあります。
特に損失が出ているときは危険です。
取引で損が出ても問題無いように、失っても困らないお金で取引するようにしてください。
安全な取引を心掛けましょう。

関連記事